離婚する勇気

2017年6月に離婚が成立して、シングルマザーになりました。3才5才の兄弟との3人暮らしです。自分の記録として、離婚に至る経緯や、その時々の誰にも話せない気持ちも正直に書きたいと思います。

母は強し‼︎‼︎‼︎

更新があいてしまいました。

仕事を始めて、正直仕事中は余計な事を考えないですむから気持ち的には楽です。

 

シングルになった以上色々思う人はいるし、「人は人、自分は自分」私が正しいと思う生き方を正々堂々していこうと思うのですが。

 

元々周りの目が気になる性格で、決意は持続しません。

 

ちょうど折れかかって、気持ちをどう立て直そうか…モヤモヤしていました。

 

理由は幼稚園のママ達との関係です。

幼稚園なので、やはりシングルの家庭はないです。

上の子は年長からの転園で、子どもの関係はもちろんお母さん達の関係も出来上がっています。

無理に入らなくてもいいかな…なんて強がってみるけど、やっぱりどう思われているか気になってしまうし、なんとなく壁を感じてしまう…。しんどいな…と思っていました。

 

あれ?

ちょっと待って。

 

離婚を決意したのは私、それに振り回された子ども達。

周りの目が気にして生きていかないとならないのは、私ではなく子ども達ではないか‼︎⁈

私の事はどうでもいい。

 

幼稚園の送迎で毎日顔を合わすから辛い事もあるけど、逆に私達家族のイメージは挽回出来るのかもしれない…。

そしてその挽回は今なら私の力も貸せる。

小学校に行ったら子ども達の力で培っていかなくてはならないから。

 

同じ幼稚園の子ども達がほとんど同じ小学校へ行くんだから、これはチャンスじゃないか⁈‼︎

 

そう思うと関係がなかなか築けない自分に焦ったり嫌になったりするんだけど。

 

チャンスだと思って、勇気を出して前向きにもう一歩踏み出してみよう。

 

自分の為じゃない、子ども達の為にできる事。

大きくなったらわたしにできる事は減ってしまうだろうから。

もう半年経ったけど、あと半年あるから。

もう一踏ん張りしてみよう。

 

そう今自分に言い聞かせながら書いています。

 

 

 

立場が変わってわかる事

6月に離婚が成立して、8月からパートで働き始めました。

 

家族を守る責任の重さ、家族がいるから頑張ろうという湧き出る力、今まで専業主婦の時には感じられなかった感覚です。

 

だからこそわかる元旦那の立場とやっぱりわからない気持ちと両方あります。

 

今の仕事は独身時代に働いた職種と同じで、私はやっぱりこの仕事が好きです。

 

正直週2のパートで規模も全然違います。

 

本当はもっと勉強したり本を読んだりしてもっともっと…‼︎という気持ちがありますが、そこは子ども達優先。

無理のないパートが、今は私にも子ども達にも負担にならなくていいんだ…と思うことにしています。

 

新しいパパ

先日私の高校時代の友だち家族に会いました。

 

その友だちのお父さん(還暦くらいかな?)に、「新しいパパも見つけないとな〜‼︎」とサラリと言われて。

 

子ども達はキョトン。

私は「パパは神奈川にいるからね〜」と話し、話題を変えました。

 

そのお父さん、もちろん悪気はないですし、私たちの事を心配してくれて言ってくれた言葉です。

お金の事含め1人では色々大変だろうと。

 

ただ…変わらない事が1つ。

それは離婚して私と元旦那は夫婦ではなくなったけれど、父親と母親である事に変わりない事。

パパは1人です。

 

お金の不安は正直あるけれど、だから再婚相手を探すなんて…1ミリも思ってません。

 

 

 

 

 

回転寿司

前に家族でよく行っていたチェーン店の回転寿司の前を車で通った時に、次男が「あ、このお店は、パパとママと〇〇と△△といったねー」と言いました。

 

私は「そうだね、行ったねー」と返しました。

 

次男の言葉の裏にはやっぱり

「みんなで行った時は楽しかったね」

「またみんなで行きたいね」

という気持ちがあるのかな…と思うと胸が痛みます…。

 

子ども達の願いに応えられない事に対しては、ごめんね…という気持ちになります。

 

もちろん言葉には出しませんが。

離婚前から気をつけていること

子どもの前でパパの悪口は絶対に言わない。

 

そして子ども達が寂しがったり泣いたりしても、絶対に「ごめんね…」は言わない。

 

子ども達は絶対に可哀想ではない。

その笑顔を守るために選んだ道だから。

 

子ども達から見た父と母は憎み合っていないのに、なぜ一緒に暮らせないのか…

この疑問はいつわかってもらえるのだろうか。。

 

泣かれると胸が痛むし心の中での葛藤はあるけれど…

謝ってはいけない、私は間違っていない。

自分の選んだ道を信じて。

 

子ども達にずーっと笑顔でいてほしい。

 

それが一番の願いです。

 

 

にぶい母

昨日、高校時代の部活の仲間とその家族と会いました。

今までも子ども達と帰省中に会えば友だちの旦那さんに遊んでもらっていて、いつもと変わらない感じで遊んでいました。

 

そして夜、パパとFaceTimeしようと思ったけどたまたま繋がらず。

 

そしたら…寝るときにシクシク泣きだす長男。

「神奈川にお引越ししたい…パパに会いたい…」と。

シクシクからワーワー大泣き。

 

そしてつられてメソメソする二男。

 

今までは帰る家にはパパがいたから帰省中に友だちのパパさんと会っても普通に遊んでいたけれど、今の状況はやっぱり違うよね。

にぶい母さんでごめんね…

 

でも、、これが現実で私が選んだ道。

 

こんな事は今後も絶対ある。

 

どう声をかけたらこども達が傷つかず寂しい気持ちを最小限にとどめてあげられるのか、勉強しなくては…と気が引き締まった夜でした。

 

今日は早速本を購入しました。

 

これから読みます。

 

 

 

 

 

 

感謝して生きる

私の周りにはシングルマザーはいません。

離婚せずにシングルマザーの方と出会ったら、私はどうしていただろうか…

 

正直、偏見みたいなものがあって、少し距離をおいていたと思います。

 

だから、そうされても仕方ないと思います。

 

今、シングルマザーである事を知りながら、お話したり遊びに誘ってくれたりするママさん達に出会えました。

 

普通に接してくれてありがとう。

 

生き方はその人の捉え方次第で変わると思います。

人を恨んだり怒りをパワーに変える事もあるかもしれません。

 

でも私は周りの人に感謝して生きていきたいです。

シングルマザーでも普通に接してくれるママさん達を尊敬するし、感謝の気持ちを忘れずに返していけるように日々過ごしたいと思います。